経営方針

HOME>経営方針

農場のコンセプトとする基本方針

基本方針01

基本方針01
バイオセキュリティの徹底と、AI・AO(オールイン・オールアウト)を確実に実行できる施設により、
高い防疫体制を継続し、健康でおいしい豚を育てる。

基本方針02

基本方針02
畜産環境には配慮した豚舎をテーマに、オゾン酸化技術を活かした汚水処理設備を採用。
その処理水は、豚舎の洗浄水・光触媒による消臭設備細霧スプレー用水および空調設備に伴うクーリングパット用冷却循環水として再利用することで、場外に処理水を排出しない循環型の機能を有している。

基本方針03

基本方針03
繁殖エリア・肥育エリアともにリキッドフィーディングシステムを採用により、
精度の高い飼養管理を行うことで安心・安全な豚を育てる。

衛生管理方針

私たち、株式会社佐々牧場は以下の項目を達成するため、農場HACCPシステムに取り組みます。

1. 健康な豚の飼育に努めます 2. 安全でおいしい豚肉を生産することに努めます 3. 飼養衛生管理基準等の関連する法規制を遵守します 4. より良い飼育環境の実現に努めます 5. 地域に密着し、地域の役に立つ牧場作りに努めます 6. 次世代に継続する人創りに努めます 7. 儲かる牧場を実現します

pagetop